読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業&コミュニケーションのワンポイントLesson BLOG

明日からすぐに使える、コミュニケーションと営業のスキル上達のポイントをお伝えします。ときどき関係ないことも。

時間が限られる在宅ワークだからこそ効率的に賢く稼がなきゃ!


f:id:kazuyoshing:20150910004351j:plain

 昔、内職。いま在宅ワーク

昔は「内職」「内職手作業」と呼ばれていた家庭内で出来るお仕事があり、それは簡単な部品を作ったり、シールを貼ったり、検品したりというお仕事が多かったのですが、最近では内職する人のことを「在宅ワーカー」と呼ぶようになり、お仕事の種類もデータ入力や文章作成、WEBでの商品販売委託 など多岐に渡ります。

在宅ワーク」のメリットですが、企業側にとっては、小さな仕事については社員や取引業者に発注するよりも在宅ワーカーに投げたほうがコスト的に安く済むし、労働者側にとっては、育児中でも、親の介護が必要となっても家庭内のお仕事ならばなんとか隙間時間を使ってお金を稼げるし、日中に作業をやるのが難しくても夜中や朝方には可能だったりするし、もちろん通勤で満員電車なんて乗らなくてもいいし、企業にも労働者個人にとっても色々とメリットがありますね。

 

誰でも可能な在宅ワークとその報酬例

「パソコンを使ってデザインする」など専門スキルを使わなくても、可能な在宅ワークについて報酬の相場を調べてみました。 

・テーマに沿った記事の執筆(ブログ):400字原稿で50~150円

・企業や情報サイト向け記事の執筆:1500字の原稿で2000円~

・リライト:原文1字あたり0.2円程度

・文書の簡易校正:原文1字あたり0.1~0.2円

・データ入力:データ1件につき5~10円程度

・音声や動画からの文字起こし:1時間の音声で5000円から

・ウェブサイトの調査:1件につき10~20円程度

・ネットショップの商品登録作業:1件につき5~50円

・メールサポートやSNSの運用代行:時給800~1000円程度

などなど。

現在、だいたいこれくらいの報酬だそうです。

400字原稿を10枚リライトして800円。50枚で4000円かー。やったことがないのでわかりませんが、これ結構しんどいのでは?

音声からの文字起こしは1時間5000円で時給としては悪くはないと思いますが、何度も聴き直したりして結構大変な仕事ですよね。

 

WEBデザインのスキル習得でもっと効率的に稼ぐ

誰でも可能な仕事ではなく、ちょっと専門的なスキルを必要とするお仕事ならば、報酬はどうなんでしょう?ランサーズに載っているお仕事を調べてみます。例えばデザイン系。

・ロゴ制作:20,000~50,000円

・飲食店のステッカー制作:30,000円

・イラスト制作:5,000~50,000円

・商品のパッケージデザイン:54,000円

楽天ショップのスマホページ作成:5,000~50,000円

・ホームページ作成:300,000~500,000円

 

ほんの一部ですけど、誰でもできる手作業系の在宅ワークとは全然単価が違いますね!

 ちょっと一定の期間、自己投資としてWEBデザインのスキルを学ぶことで

自宅で効率よく、

空いた時間をり利用して、

好きな仕事で稼げるわけです。

そんな在宅ワークを実現していただくために、わが社のスクールで「在宅ワーカー養成講座」をもうすぐ立ち上げます。


在宅ワーカー養成講座

WEBデザイナーとして必要なIllustratorPhotoshopから始まって、HTML、CSSDreamweaverなどのスキルを身に着け、かつWEBのお仕事の獲得方法などフリーランスとしてやっていけるための顧客開拓~受注、そして納品の仕方まで学べる講座にしようと考えています。

半年間程度学んで、受講料はだいたい30万円くらいかと思います。これで仕事できるスキルが身につけば扶養範囲内ギリギリまで稼ぎたい方で年間100万円程度、かけた投資額を回収しておおいに余りある収入を得れるわけです。

また稼いだお金を賢く運用したい、資産形成したいという人もいらっしゃるでしょうから、弊社に登録されているマネー系の講師によるセミナーも受講していただけるようにしようとと思います。

 

少子高齢化が進み、労働力不足が叫ばれるなかで女性やシニアがもっと労働市場に参加できるために採用を増やしたり、女性管理職を増やしたり、結婚・出産・育児などで一旦はリタイアした女性の復職支援を進めたりするだけではなく、現時点で育児や介護など家庭の事情で一定のオフィスや時間に勤務できない人たちのために、在宅ワーカーの啓蒙と養成を進めようというのは国の施策でもあります。こんなサイトもありました。

www.homeworkers.jp

 

 「在宅ワーカー養成講座」、すでにデジハリをはじめいろんなパソコンスクールが立ち上げていますが、弊社では単にWEBスキルだけではなく、ちゃんとフリーランスやダブルワーカーとして長くやっていけるためのノウハウや事例なども学んでいただけるものにしたく考えています。11月頃にはお知らせできるかと思います。

ではでは。