読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業&コミュニケーションのワンポイントLesson BLOG

明日からすぐに使える、コミュニケーションと営業のスキル上達のポイントをお伝えします。ときどき関係ないことも。

ジムで効率的にカロリー消費をするにはどのマシンが最強なんですか?

f:id:kazuyoshing:20150913145604j:plain

 

■カロリー消費最強のマシンは?

あなたはスポーツジムに行ったら、どのマシンを利用していますか?

 

僕はいままでコナミスポーツクラブに約10年間通っており、有酸素系運動マシンのなかでカロリー消費が最強なのは、

1位:ランニングマシン

2位:ステップマシン

だと勝手に信じこんでおりました。

f:id:kazuyoshing:20150913143332j:plain

ランニングマシンは時速9キロ程度でちょっと傾斜をつけて30~40分程度走れば500㎉くらいは消費するし、ステップマシンもちょっと負荷を高めに設定して30分も踏み踏みすれば床に汗が結構ポタポタ落ちまくり、400㎉くらいは消費しますから。

 

クロストレーナーやエアロバイクなんかはどれもこれもあまりカロリー消費的には大したことはなく、かつ実際にやってみてもそんなにしんどくもないため、クロストレーナーやエアロバイクはランニングマシンやステップマシンを他の人が使っていて空きがないときに、まあ何もしないよりはしたほうがいいか、くらいの考えで使っていました。

 

で、6月頃に膝を痛めてから、それ以降は膝をいたわるためにランニングマシンを使えなくなって、ステップマシン中心に切り替えて、時間があるときにはそのあとにエアロバイク漕いだり、クロストレーナーをしたりしてたのですが、今日たまたまオールアバウトの記事を見つけて驚きました!

カロリーを消費する有酸素運動マシンBEST5 [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

 

■最強はなんとクロストレーナーだった!

最強なのは、なんと

クロストレーナーだったのです!

f:id:kazuyoshing:20150913140918j:plain

こんな感じのやつです。これが最強らしいんですわ!

 

オールアバウトの記事によると、

クロストレーナーのメリットは上半身と下半身を同時に使った全身運動で消費カロリーを高く保てること。全身が宙に浮いている状態のため、関節にかける負担が少ない事と、前ついているハンドルを握り、腕や背中を使ってハンドルを引けば上半身を使える事があります。

下半身はペダルを動かすために使います。ハンドルを握らないでもこの運動はできるので、下半身がメインの運動で、意識しないと上半身は使われません。このエクササイズで消費カロリーをアップさせるには、しっかりとハンドルを握って引きながら下半身を動かすようにしましょう。

 

と書かれています。 

クロストレーナーを最強のカロリー消費ジムマシンたらしめるには、下半身でペダルを踏むだけではなく、腕でしっかりとハンドルを握って前後に動かし、上半身もしっかり使うことがポイントだと言えそうですね。

 

■目標心拍数の設定が大切

また、マシンを使うときに目標心拍数を理論に基づいてちゃんと設定する必要があります。いままでマシンごとに適当に設定していたため、どのマシンが一番カロリー消費的に優れているのかわからなかったようです。

 

目標心拍数の設定の仕方についてもオールアバウトにいい記事がありました。

■最大心拍数の求め方
運動負荷を徐々に上げていき、もうこれ以上がんばれない時の心拍数が最大心拍数(HRmax)です。正確にはランニングマシンなどでこれ以上は運動を続けられないオールアウトまで追い込んで、最大心拍数を求めるのですが、なかなかこのような測定をする機会はありません。

実測以外でも次のような計算から、最大心拍数を大雑把に推定することができるので、一般的にはこの方法で最大心拍数を求めます。

最大心拍数=220-(年齢)
これに先程説明した脂肪を効率よく燃焼するための割合をかけて目標心拍数を設定します。まとまると次の式になります

最大心拍数×(運動強度60%~80%)=脂肪燃焼効率が高い心拍数
35歳の男性が運動強度の70%で運動を行う場合は
・最大心拍数 220-35=185
・脂肪燃焼効率が高い心拍数 185×0.7=130 となります。

有酸素運動で脂肪を燃焼させるコツ [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

 

あと確かにクロストレーナーは膝への負担はまったくありません。そういう意味でも今後はクロストレーナーを中心にした有酸素運動をやっていこうと思います。

では今日もコナミスポーツクラブに行ってまいります!