読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業&コミュニケーションのワンポイントLesson BLOG

明日からすぐに使える、コミュニケーションと営業のスキル上達のポイントをお伝えします。ときどき関係ないことも。

【コミュニケーション】相手にいい印象を与えるのは言葉じゃないよ、見た目ですよ~。

営業力強化&コミュニケーションスキル向上の研修講師、田中和義です。

 

「人は見た目が大事」とか

「人は見た目で決まる」などの本が多く出版され

書店に平積みになっているのをご覧になられたことが有るかと思いますが、

やはり「見た目」は重要です。

それを法則として提唱したのが、アルバート・メラビアン

アメリカUCLA大学の心理学者です。

 

f:id:kazuyoshing:20170209231346j:plain

 

1971年に発表されたこの「メラビアンの法則」では、

人の第一印象は初めて会った時のほんの数秒で決定し、

そのとき初対面の人物を認識する割合は、

「見た目、表情、視線、しぐさ」などの視覚情報が55%

「声のトーン、喋るスピード、ボリューム、」などの聴覚情報が38%、

そして、

「話す言葉の内容や意味」などの言語情報はたったの7%とされています。

 

つまり、初対面の場合、相手のことは視覚情報と聴覚情報、

つまり見た目と、声の状態で第一印象を決めているということです。

言語情報はたったの7%ということですから、

初めて会う人の気を惹くために事前に話題を考え、

最近の芸能界情報をチェックし、自己紹介のフレーズを考えていっても、

見た目と喋り方が悪いと何の役にも立たないということです。

 

また反対に、

話すことを何にも準備していなくても、見た目が清潔感があり、

さわやかな雰囲気を出せて、相手の目をみながらぱりっとした発声をしていれば、

第一印象はほぼ大丈夫ということになります。

 

繰り返します。

話している内容 = 言語情報 → 7%

聴覚情報や視覚情報 = 非言語情報 → 93%

 

ミスを犯して、人に謝罪する場合にも

相手があなたを許す、許さないの判断基準にしているのは、

あなたの非言語情報なのです。

つまり、

一生懸命に頭を下げ、ごめんなさいという態度がみられるかどうか

なのです。

 

あなたが許してもらおうと気の利いた言葉を並べて謝罪しても

なんと、相手はほとんど真面目に聞いていないのでした。

 

コミュニケーションに関する研修やセミナーのご依頼はこちらまで

どうぞ!

sc-laboratory.com